HOME>イチオシ情報>カタログギフトを使って香典返しを送る際のタイミング

カタログギフトを使って香典返しを送る際のタイミング

風呂敷

葬儀や告別式で渡せない場合もある

葬儀の時や告別式の時に列席してくれた人から受け取る香典ですが、これを頂いた人には基本的には香典返しをすることになります。葬儀や告別式のタイミングで渡すことができればよいですが、全てが全てそういうわけにもいきません。それでは、後で渡す場合にはどんな香典返しを渡すのが良いでしょう。一人ひとり違ったものを選んでおくってあげるのも良いですが、これはかなり大変な作業になってしまいます。しかも、かなり頭を悩ませることになるでしょう。そこでおすすめの香典返しと言えるのがカタログギフトになります。カタログギフトであれば、受け取った側の人はカタログギフトの中に載っている商品の中から好きなものを選ぶことができて、とても便利です。自分が欲しいものがもらえるという大きなメリットがあります。

女性

地域によってマナーが違うので注意

香典返しを渡す場合には、地域によってもマナーがあるところも存在しているため注意が必要でしょう。葬儀や告別式に列席してくれた人にはその時に渡すことも多いですが、地域によっては後日渡すところもあります。後日渡すことになったときにとても魅力的なものが、カタログギフトになります。カタログギフトをおくってあげれば、受け取った人はその時に欲しい商品を注文できます。これならば、もらってがっかりすることもありません。また、香典返しですから、香典でいくら頂いたのかによってもランクを付ける必要があるでしょう。それもカタログギフトであれば、対応可能となっています。ランクごとにカタログも多彩に用意されていますので、便利です。

カテゴリ