HOME>イチオシ情報>香典返しってどんな意味がある?カタログギフト送付の前に考える

香典返しってどんな意味がある?カタログギフト送付の前に考える

カタログ

単なるしきたりと考えては意味がない

葬儀において香典やお供えを贈られたら香典返しをするのが昔からのしきたりです。本来は香典はお返しするものではありませんが、49日の忌明けをもって挨拶状といっしょに品物を贈るのが習慣となっています。金額の相場は頂いた香典の半額程度の「半返し」が基本です。お返しする品物として、昔から不祝儀は残さないという考え方から、お茶や海苔などの食べて消える食べ物が一般的でした。また、使えばなくなる、石けんや洗剤、タオルなどの日用品も定番の品物となっています。香典返しに向かない品物には殺生を連想させる魚や肉類、慶事に使用されるかつお節や昆布があります。では、お中元やお歳暮の贈り物で人気の商品券やギフト券を贈れば喜ばれるのではないか、と考える方もいるのではないでしょうか。しかし、金額がすぐに分かってしまう、こうした金券の類は香典返しには向いていないとされています。最近、人気で主流となっているのが具体的な金額が記載されておらず、もらった相手方が好きな物を選べるカタログギフトです。カタログギフトなら受けてが欲しい物を自由に選べるので、例え肉や魚を選んだとしても香典返しとしては失礼にはあたらないものです。

香典返し

大事なのは感謝の意を伝えること

香典返しは、故人が生前に親交のあった方々からいただいたお悔やみに対するお礼の気持ちを伝えるためものです。故人にも、そういった方々のためにも、感謝の気持ちを伝えるために失礼のないお返しを選びたいものです。香典返しを贈るタイミングとしては忌明けの他に、葬儀当日にその場で品物を渡す「当日返し」があります。当日返しの場合、いちいちその場で香典の金額を確認する手間などを省くため、一律の品物を手渡すことが多くなっています。香典を多く貰った場合は、忌明け後に差額分の香典返しを改めて贈るというのが一般的です。当日返しの問題点としては、香典返しの品物が会葬者の荷物になること、香典が多かった場合は差額分を後で贈る手間が増えることがあります。こうした問題点が解消できるのがカタログギフトのメリットです。後日にカタログが届くので荷物にならず、香典の金額に応じて対応ができます。日持ちしない品物やタブーとされている肉や魚類などでも、受けての欲しい品物が選べるのがなによりのベストです。しきたりは無論大事ですが、昔からのしきたりに縛られず、現代のマナーとルールに見合っていれば、決して失礼とはなりません。

カテゴリ